コーヒー豆の流通の過程で生まれる搾取とは【フェアトレードコーヒー】


コーヒーのひととき

コーヒーにはリラックス効果や、美容効果があるとのこと。真偽のほどは定かではありませんが、現在、我が国ではいつでもコーヒーを手に取ることが出来ます。
日本におけるコーヒーの消費量は、一人あたりおよそ一日一杯ほどだそうです。コーヒーを飲まない方、飲めない方も多く居るので、この計算が妥当かどうかはともかく、それくらい多くのコーヒーが流通しているということですね。

コーヒー豆が届くまで

現在、コーヒー豆は先進国の大量消費という流通の過程の中で、様々な中間業者を通すことから、市場価格の影響を大きく受けたり手間賃が生じます。
例えば、販売店、卸し、物流、工場、輸入・通関・輸出業者、原産国加工業者、原産国物流、それらの仲介業、そして生産者、などなど。

ノーと言えない流通

しかし、主に先進国ではその価格変動を商品価格に上乗せさせることはあまりしません。価格の値崩れなどの様々なマイナス要因は、結局のところ生産者たちにしわ寄せが行きやすいというのが現状です。
生産者は時には生産のために自分たちが掛けたコストよりも、はるかに安い値段で仲買業者に買い叩かれることもあるそうです。

原因は私たち?

そして、先進国に住む私たちも、その原因を作っているひとり。商品から生まれる利益が本当に公平かどうか、なかなか考えにくいし、実際のところは分かりません。
その中で、何もしないというチョイスをなくすきっかけが、実はフェアトレード。無意識に商品を選ふわのではなく、そのような搾取がなくなるように、大量に流通・消費するものだからこそ、意識的にフェアトレード商品を手に取ってみませんか。

顔の見えるコーヒー

イロトリドリの取り扱う「顔の見えるコーヒー」は、第3世界ショップのフェアトレード商品。第3世界ショップでは、生産状況や国際相場、国の経済事情などを考慮して生産者へ適正な代金を支払っています。 また、継続して購入していくことが重要であるため、「顔の見える関係」を大切にし、生産農家の栽培方法や加工工程、生産への取組姿勢を確認して、仕事作りや技術向上、生産者の生活向上を応援しています。
イロトリドリも、そんな継続した関係を築いていけることを願い、この商品を支持しています。


詳しいフェアトレードコーヒーのラインナップはこちら

オーガニックとフェアトレードのお店 イロトリドリ

こんな贅沢いかがですか。自分にとって良いものを選ぶ幸せが、全体のバランスを整える幸せになる。そんなフェアトレード商品と、こだわりのオーガニック商品を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000